menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. マツコ・デラックスが2016年上半期のCM女王に!
  2. ガソリン価格2016年の推移について
  3. 2016年の桜の開花予想は平年よりやや早めか?
  4. お名前ドットコムの不具合でサーバーがダウン
  5. 2016年の恵方巻はコンビニで済ませる!予約開始時期など
  6. 選抜高校野球2016の日程と21世紀枠
  7. 花粉症2016年のピークはいつから始まる?対策は万全に
  8. ハコイリムスメの樋井紅陽がSNSで加入取り消しに・・
  9. 金正男の暗殺で朝鮮半島がヤバイことに?
  10. 巨大地震の前兆?2016年は何が起こるのか
閉じる

ひめみそくほう(姫速)

作新学院の今井投手を見てきた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

今日は2016年7月21日、高校野球が熱を帯びている今日この頃です。

そして、本日暇に任せて、私は栃木県の予選準々決勝、作新学院VS文星芸大の試合を見に行ってまいりました。

作新学院は現在夏の県大会5連覇中の強豪校、その昔江川卓が投手として活躍していたことでも有名な学校です。

対する文星芸大は、旧宇都宮学園で、両校は昔から宿命のライバルとして、県大会上位で活躍してきた学校同士なのです。

今回、私が何故栃木の県大会を見に行ったのか?と言いますと、作新学院の151キロ右腕、今井投手と文星芸大の左腕、佐藤投手の試合を一目見てみたいと思ったからです。

プロのスカウトも注目しているという両投手、事前のデータでは、速球派の今井、技巧派の佐藤という構図でした。


【これからが楽しみな両投手の活躍】

2016年夏、準々決勝、作新学院VS文星芸大は、6対4で作新学院が勝ちました。

このレベルの戦いになると、勝敗はどちらに転んでもおかしくない状況でありましたので、それについては特に触れません。

実践を見た正直な感想をずらずらと、下手な文章で綴ってみたいと思います。

先攻作新で始まったこの試合、驚いたのは文星の佐藤投手の安定感とキレでした。これは・・・!!と思い、すぐに友人にラインで連絡しました。

「これは作新打線でも打てないよ・・」

135キロのまっすぐと複数の変化球、制球力も素晴らしく、一目「簡単には打てない」と感じる投球でした。案の定、6回まで作新はゼロ行進。

これに対する作新の今井投手、序盤から直球が上ずり制球に苦しんでいるように見えました。変化球はそこそこストライクが取れていたのですが、それを文星打線に狙われて先制点を許す展開となりました。

今井投手と佐藤投手、球速の差を感じることは少なかったです。そのくらい佐藤投手のキレが素晴らしかった。

逆に今井投手の投球は少し荒い感じ。見えないほど速い直球が来たかと思えば、同じ速度のボールでもスピード感を感じないものもたくさんありました。


【素晴らしい試合展開】

試合中盤、佐藤投手に疲労の色が見えました。相手チームの打者の頭部に当たるデッドボールを与えてから、状況が一変し別人のようになってしまいました。

これは見ていてかわいそうだった。

お互いに死力を尽くした良い試合、今井投手の剛速球を見に行ったのに、佐藤投手の本来の投球をもっと見たかったというのが、正直な感想になってしまいました。

文星芸大附属高校の佐藤投手のファンになった一日です。

                      スポンサーリンク
   

関連記事

  1. hakone

    箱根駅伝2017の日程と展望

  2. hakone

    箱根駅伝2017の出場大学と注目選手情報

  3. cda75ece12908f779d5e568decbdff79_s

    卓球のタカハシ・ブルーナ選手(ブラジル代表)がかわいいと話題に

  4. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    明治神宮大会2016(高校野球)の日程と出場校

  5. otani

    大谷翔平が3億円を超えないわけ

  6. 8a4eec9e536801f5b7bd1806e7503b36_s

    選抜高校野球2016の日程と21世紀枠

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る