menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コンビニのバレンタイン2016年の義理チョコ対策に!
  2. ポケモンGOで原発敷地内で捕獲可能に?
  3. 脇坂英理子の逮捕時のすっぴんが別人みたいで笑った
  4. バレンタイン2016年のお返しはこれを選べ!
  5. 菊間千乃の事故の原因は?弁護士になってテレビ復帰!
  6. お名前ドットコムの不具合でサーバーがダウン
  7. 作新学院の今井投手を見てきた感想
  8. TOKIO山口の離婚会見の内容に対する評価
  9. あしかがフラワーパークのイルミネーションはいつまで?
  10. ポケモンGOで交通事故!責任追求よりもまず対策を
閉じる

ひめみそくほう(姫速)

夏の甲子園2016の日程と注目選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

昨年の高校野球は注目選手が勢ぞろいして大いに盛り上がりました。2016年の甲子園も昨年以上の盛り上がりに期待しましょう。

第98回目となる今大会も、例年通りの日程で行われますが、熊本地震などの影響で練習量が少なくなってしまっている球児たちの頑張りを、心から応援したいです。

※日程はいずれも予定です。

◆組み合わせ抽選会 8月4日(木)

◆大会期間:8月7日(日)~21日(日)

◆大会中の基本日程:第1試合:8:00 第2試合:10:30 第3試合:13:00 第4試合:15:30

今年の注目選手としては、高山優希選手(大阪桐蔭)、山崎颯一郎選手(敦賀気比)などがいますが、私としてはサウスポーの技巧派投手に注目したいので、鈴木昭汰選手(常総学院)、早川隆久選手(木更津総合)に注目してみたいと思います。

県予選が終わって、どのチームが甲子園への切符を手にするのかわかりませんが、それらのチームから1人か2人を選んでリサーチしていきますので、楽しみにしていてくださいね。

ちなみに、どういった感じでリサーチしていくかと申しますと・・例えば、常総学院の鈴木投手でしたら・・。

常総学院の鈴木投手は、175cm73kgと技巧派としては理想形に近い体格をしています。まだこれから下半身がどっしりしてくるので、夏の大会では、鈴木投手のおしりに是非注目してください。

おしりがぷくっとした感じになっていたら、もしかしたら夏の甲子園の炎天下を一人で決勝まで投げ抜けるようなスタミナを身に着けているかもしれません。

春からの数か月間、選抜出場に満足することなく、しっかりと鍛えられたかどうかがポイントになります。

ストレートの球速は140kmに達するかどうかという程度なのですが、個人的には現段階では合格点だと思います。左投手の場合は最速で145km/h、平均140km/hのストレートがあれば十分です。

セットポジションの時に、やや右足がオープン気味になってますけど、球速を上げるためのフォームか、それともクセか・・バックスイングが大きくなってしまい、打者から丸見えなので、もう少し腕の振りを小さくしたほうが良いかと思います。

ここらへんも下半身を鍛えなおすことによって、改善してくるでしょう。いずれにしてももう少し力を抜いて投げないと、夏の大会はスタミナが持たないと思います。

昨年は中日ドラゴンズ入りした左投手の小笠原慎之助投手が大活躍しましたけど、彼の場合は剛腕が光りまくっていましたね。速球派の投手よりも左投手の場合は、打者をかわすタイプのほうが、即戦力としては使いやすいものになります。

いずれにしても高校野球が楽しみな季節がやってきました。よく「学業優先」って言いますけど、私は野球も学業と思っているので、決められたカリキュラムさえこなせば、それ以外に野球に打ち込んでも良いです。

それでは(‘◇’)ゞ

                      スポンサーリンク
   

関連記事

  1. b842a0b4a1650d36576ffa81604edcfd_s

    斎藤佑樹がポルシェで処分!|おねだり王子に変貌か?

  2. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    選抜高校野球2016の日程!組み合わせ抽選会は3月11日9時から…

  3. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    明治神宮大会2016(高校野球)の日程と出場校

  4. 8a4eec9e536801f5b7bd1806e7503b36_s

    選抜高校野球2016の日程と21世紀枠

  5. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    作新学院の今井投手を見てきた感想

  6. hakone

    箱根駅伝2017の日程と展望

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る