menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あしかがフラワーパークのイルミネーションはいつまで?
  2. ゴールデンウィーク2016年は何日休める?
  3. お名前ドットコムの不具合でサーバーがダウン
  4. 巨大地震の前兆?2016年は何が起こるのか
  5. 箱根駅伝2017の日程と展望
  6. マツコ・デラックスが2016年上半期のCM女王に!
  7. コンビニのバレンタイン2016年の義理チョコ対策に!
  8. 2016年の恵方巻はコンビニで済ませる!予約開始時期など
  9. 2016年の桜の開花予想は平年よりやや早めか?
  10. 選抜高校野球2016の日程と21世紀枠
閉じる

ひめみそくほう(姫速)

高校野球でサイン盗み疑惑で注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

高校野球で2塁ランナーが相手バッテリーのサインを盗んで、打者に伝えたのではないか?と注意を受けているシーンが話題になりました。

高校野球の規定によると、走者が保守のサインを見て、コースや球種を教えるような行為が禁止されています。

まぁ、これに関して個人的な意見を言わせてもらえれば、よくわからないルールだなぁ・・の一言に尽きますね。

フィールドにいるプレーヤーが、相手の動きやサインを見て、自分の動きやチームの動き全体に影響を与えるのはプレーの一環であって、何も悪いことではないというのが私の考え方です。

ルールで明確に禁止されている以上は、やってはいけないことですが、駄ルールだと思ってます。

サインは相手にばれないようにやるからサインなのであって、そもそも相手にばれるようなサインを使っている時点でアウトですよね~。


【小さいころに教わった野球】

私が小さいころに教わった野球では、2塁にランナーがいることは大きなアドバンテージであるということです。

ランナーは、キャッチャーの構えている位置がわかりますし、その情報を打者に伝えることができるので、有利にゲームを進めることができるという解釈でした。

また、ランナーが塁間を走ることで、内野ゴロが処理しにくくなるため、走者は完全にアウトのタイミングであっても、走るタイミングを見計らって、わからないように野手がゴロを処理しにくくするようなテクニックもありました。

最近、プロ野球でも、キャッチャーのブロックが禁止されたり、野球の醍醐味が少しずつ削がれていくような気がしてなりません。

相手の思考を読み、サインを見抜く、フィールドにいるすべての選手が、得点を挙げるために全力を尽くす。これが野球の醍醐味であり、魅力でもあります。

野手はランナーの動きやベンチの動きを見て、「盗塁する」と読み、それを投手に声やしぐさで伝えます。

ランナーは投手や捕手の動きを見て、次にどのような球種がどのコースに来るのかを打者に伝えます。

両者ともに言えることは、100%ではない情報だということです。


【サイン盗みがNGならば・・・】

例えば、スクイズのサインが出たとき、それを読んでバッテリーが外したとします。

その場合、スクイズをするかもしれない・・という情報の出どころはどこなのか?という問題が発生します。

もし、投手が相手のベンチの様子を見て、「スクイズのサインが出た」と判断し、それを捕手に伝えていたとしたら、それはサイン盗みになるのでしょうか?

野球というのは、ベンチとプレーヤーで行うゲームです。

つまり、ベンチやフィールドにいる選手たちには、相手の思考やサインを読んで、有利にゲームを進める権利があります。

厳格にサイン盗みがNGになってしまった時、野球というスポーツは野球ではなくなり、ただの野球盤に近いものになってしまうのではないか?そんな気がしてなりません。

野球は読みあい騙しあい、思考のフェイントを駆使するチームスポーツであり、技術を競うだけのスポーツではありません。

                      スポンサーリンク
   

関連記事

  1. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    明治神宮大会2016(高校野球)の日程と出場校

  2. hakone

    箱根駅伝2017の出場大学と注目選手情報

  3. 538718b428d986c74f3db5ecbe5803ef_s

    夏の甲子園2016の日程と注目選手

  4. cda75ece12908f779d5e568decbdff79_s

    卓球のタカハシ・ブルーナ選手(ブラジル代表)がかわいいと話題に

  5. hakone

    箱根駅伝2017の日程と展望

  6. otani

    大谷翔平が3億円を超えないわけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る