menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 作新学院の今井投手を見てきた感想
  2. ポケモンGOで交通事故!責任追求よりもまず対策を
  3. 2016年の桜の開花予想は平年よりやや早めか?
  4. 選抜高校野球2016の日程と21世紀枠
  5. ガソリン価格2016年の推移について
  6. コンビニのバレンタイン2016年の義理チョコ対策に!
  7. バレンタイン2016年のお返しはこれを選べ!
  8. 大谷翔平が3億円を超えないわけ
  9. 花粉症2016年のピークはいつから始まる?対策は万全に
  10. あしかがフラワーパークのイルミネーションはいつまで?
閉じる

ひめみそくほう(姫速)

ガソリン価格2016年の推移について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
c33f13584e8d88a18267005550045737_s

私たちの生活に直結するガソリン価格、特に通勤や通学に自動車を利用されている方にとっては、気になる情報です。

私の会社は営業会社でもあるので、車は仕事に欠かすことができません。中東情勢が不安定な中、ガソリン価格は2016年にどのように推移していくのでしょうか。

まず、2016年に入りましてから、サウジアラビアとイランが断交を宣言するなど、双方の宗教的な対立が深まりつつあります。私の個人的な予測ですが、このいざこざはこれ以上エスカレートすることは無いと思っています。

例えば、断交が戦争に発展してしまった場合、双方の損につながるだけで、ダメージが大きい割に得るものが少ないのです。ですから表面上は深刻な対立を続けますが、しばらくはこのまま小康状態が続くでしょう。

しかし、対立激化を歓迎するグループは、イランとサウジアラビアの対立を「宗教対立化」させることになりますので、国民的な運動に発展することもあり予断は許しません。

我が国は、ガソリンを含めたエネルギーを海外からの輸入に頼っている国です。日本に入ってくる原油は33%がサウジアラビアからの輸入で、サウジアラビアの隣国のアラブ首長国連邦やクウェートからの輸入も非常に多くなっています。

このようなことを考えると、日本は早急に原油に代わるエネルギー源を開発し、自国で生産できる体制を整えなければならないということがよくわかります。

意外と知られていないのが、日本は原油を100%海外に依存しているわけではありません。わずか0.3%という数字ではありますが、自国内で生産もされております。


【ガソリン価格は上がるの?下がるの?】

2016年はガソリン価格が下がる年です。これまでは、中国などが急激に経済発展して、原油を大量に消費しておりました。しかし、経済成長にも歯止めがかかり、今や中国バブルの崩壊が始まったとも言われております。

そのような影響で、原油の消費量が減っておりますが、生産量は変わらないため、「原油余り」の状態が続きます。原油が多く生産されていれば、ガソリン価格も自然と下落していくのです。

中東情勢が安定すれば、この原油安の状態は2016年内は続くと思われます。一時は150円を超える高値となったレギュラーガソリンも、今や100円台まで下落しました。

ある予想によると、このままいけば、2016年内に、ガソリンの価格は100円を切るだろうと言われております。

およそ20年前、ガソリン価格は90円ほどでした。あの頃は、燃費の悪いスポーツカーが若者の間でも流行しましたので、今後はスポーツカーブームが訪れるかもしれません。

トヨタが新型プリウスの発売を2015年に間に合わせたのも、ガソリン価格が下がれば、購入コストの高いハイブリッドカーが売れなくなる・・という考えなのかもしれません。


【ガソリン価格が下がったらどうなるの?】

日本としてはガソリンの価格は安ければ安いほうが良いという考え方で、原油とガソリンの下落は歓迎するスタンスです。

安く輸入することができれば、貿易による利益も大きくなり、国内の景気も良くなるかもしれません。自動車を使った観光増なども見込めるので、観光地にとってもメリットが大きいようです。

原油安に伴うガソリン価格の下落で、一番利益を上げている国は、日本だと言われているのもうなずけます。

ガソリンは安くなり、燃費の良い車が多くなる・・二つの効果で、家計も少しラクになると良いのですが。


【アメリカの原油輸出も重なり】

アメリカでも多くの原油が採れますが、アメリカは1975年以降、自国で採れた原油を輸出することしていませんでした。

ところが、ここにきて、アメリカが原油を輸出しますと言い始めました。

アメリカが原油を輸出すれば、需要と供給のバランスが更に崩れることは必至です。2016年にガソリンの価格が下がると言われている理由はアメリカの原油輸出解禁が大きな理由の一つとなっています。

アメリカは原油の消費量世界一の国、なんと日本の4.5倍ほどの原油を消費しています。アメリカの人口は3億人ほどですから、一人当たりの原油消費量も圧倒的に日本より多い国です。

ちなみに中国の原油消費量は、日本の倍以上ありますが、人口を考えるとまだまだ少ないと言えますね。個人的に思うのは、中国などの新興国の景気が減退しているということですが、失速するのはちょっと早いなぁと感じます。

おそらく世界中もこんなに早く中国バブルが崩壊するとは思っていなかったのかもしれません。


【油断は禁物・・だから今こそ】

日本には資源がありません。だからこそ、ガソリンが少し安くなっている今こそ、もう一度エコの意識をもっておきたいところです。
暴落した価格は、ちょっとしたことがきっかけで高騰する可能性があります。

2016年はガソリン価格も安定すると思いますが、備えあれば患いなし、しっかりと数年先を見据えて、エコな車選びをしておきたいところです。

いいなぁ・・スポーツカー、燃費悪いけど・・。

                      スポンサーリンク
   

関連記事

  1. kita

    金正男の暗殺で朝鮮半島がヤバイことに?

  2. 670fb5411e00d278eba30d270c9f3b6f_s

    ハコイリムスメの樋井紅陽がSNSで加入取り消しに・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る