menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 三国志オンラインがVITAで復活?してほしい・・
  2. あしかがフラワーパークのイルミネーション2016の混雑状況
  3. ポケモンGOで交通事故!責任追求よりもまず対策を
  4. 大谷翔平が3億円を超えないわけ
  5. コンビニのバレンタイン2016年の義理チョコ対策に!
  6. 作新学院の今井投手を見てきた感想
  7. ハコイリムスメの樋井紅陽がSNSで加入取り消しに・・
  8. 卓球のタカハシ・ブルーナ選手(ブラジル代表)がかわいいと話題に
  9. 脇坂英理子の逮捕時のすっぴんが別人みたいで笑った
  10. タリーズコーヒー福袋2017|ハッピーバッグの中身
閉じる

ひめみそくほう(姫速)

巨大地震の前兆?2016年は何が起こるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
62b0580d333bc41474d773199b1c9cf9_s

数多くの犠牲者と、日本人にとって忘れがたい記憶を残した阪神淡路大震災から20年、東日本大震災から5年が経つ2016年、次の巨大地震がいつどこで起きるのか?できるだけ多くの情報を集めることで、被害を最小限に食い止めようと、情報は錯そうしています。

ここ最近は、東日本大震災の余震とみられる地震も若干落ち着いてきた感はありますが、いまだに震度5以上の地震が多発しているのが現状です。

2015年内に発生した震度5弱以上の地震は以下の通りですが、特定の地方に限ることなく、日本列島全体にわたって、大きな地震が発生していることがわかります。


◆2015年の震度5以上の地震

・2015年2月6日 10時25分頃 徳島県南部

・2015年2月17日 13時46分頃 岩手県沖

・2015年5月13日 6時12分頃 宮城県沖

・2015年5月22日 22時28分頃 奄美大島近海

・2015年5月25日 14時28分頃 埼玉県北部

・2015年5月30日 20時23分頃 小笠原諸島西方沖

・2015年6月4日 4時34分頃 釧路地方中南部

・2015年7月10日 3時32分頃 岩手県沿岸北部

・2015年7月13日 2時52分頃 大分県南部

・2015年9月12日 5時49分頃 東京湾

・2016年1月11日 15時26分頃 青森県三八上北地方

・2016年1月14日 12時25分頃 浦河沖


2016年に入ってからも、すでに2回の震度5以上の地震が発生していて、2015年9月以来少し間隔が空きましたが、立て続けに2回も大きな地震に見舞われています。

2ヵ月に1度のペースで大きな地震が発生している日本列島、今後もこのペースは続くでしょうし、いつどこで震度6以上の巨大地震が発生してもおかしくない状況です。


【発生が予想されている地震について】

今後発生が予想されている地震として有名なのが、南海トラフ地震ですよね。名前くらいは聞いたことがあると思います。南海トラフで、マグニチュード8以上の地震が発生する確率は、今後30年以内に70%程度だそうです。

南海トラフでは、100年とか150年単位で、定期的に巨大地震が発生しているそうなので、そろそろ地震に対する備えが必要となっています。

地震の時期を確実に予想するのは、難しいので、日頃から、地震が発生した時の対策を家族と地域で検討しておきたいものです。

南海トラフ大地震が発生した場合、東日本大震災の時と同じように、巨大な津波が発生するとされていて、その高さは50mにも達する可能性があるとのことです。

nankai

※南海トラフの場所

画像:upload.wikimedia.orgより


◆南海トラフ大地震の被害(最悪の場合)

南海トラフ大地震が発生すると、最悪の場合、死者数は35万人以上、関東でも数千人単位の死者が出ると想定されています。その他、物流システムの寸断によるものや、停電など、季節によっては更に被害が拡大することも考えられます。


◆首都直下型地震について

もう一つ、大きな関心ごとの一つが首都直下型地震と言われるものです。

昨年は東京湾でも大きな地震が発生しているようですが、東京を大きな地震が襲ったら、首都機能はどうなってしまうのか?そして数多くの人々が帰宅難民となり、一時的な食糧不足などが発生する可能性が高いです。

東京で震度7クラスの地震が発生した場合、すべての鉄道が停止します。中には脱線をしてけが人が出るところもあるでしょう。

東京では1923年に関東大震災が発生しています。

関東大震災で、死者数は東京と神奈川県を中心に10万人を超えました。およそ90年前の東京で10万人の死者ですから、現在は高層ビルが数多く立ち並び、人の数も多いので、被害が大きくなる可能性が指摘されています。

東京にマグニチュード8以上の地震がやってくるのは、200年周期だそうです。関東大震災から100年弱が経過しているということもあり、そろそろ本格的な対策が必要です。

首都直下型地震もいつ発生してもおかしくない状況にあり、平日の日中に発生すれば、1000万人が帰宅困難となり、最後の帰宅困難者が家に帰れるのは一週間後とも言われています。


【火山の噴火と地震の関係】

大きな地震があった後は、火山が噴火するという話を聞いたことがあります。

現に日本でも御嶽山の噴火で大きな被害を出したほか、箱根山、阿蘇山、蔵王山でも活発な火山活動が観測されています。私は火山にあまりなじみのない地域に住んでいて、火山が噴火するなんて夢にも思っていませんでした。

しかし、人々が普通に観光できるスポットの中にも、活発に活動を続けている火山が存在していることを知りました。

調べてみると、火山と地震の関係はよくわかっていないそうですが、日本は確実に活動期で、地震や火山の噴火などが今後も更に激しさを増す可能性が高いと感じています。

東京から約1000キロ離れている西之島でも、新しい島がどんどん成長しています。

nisi

こんな感じで、海底も含めると、太平洋からずーっと日本に向かう形で山脈が続いていいるんですね。


【地震予知に関する超常現象について】

なんとか自然の力を借りてでも、地震をもう少し正確に予知することはできないか?ということで、巨大地震の前触れなのではないか?と思われる現象について取り上げてみます。

・ミミズが数多く地面に這い出して来る

・犬の落ち着きがなくなる(異常行動)

・ナマズの異常行動がみられる

・モグラが地上に出てくる

その他にも動物たちの異常行動が数多く報告されています。私は小動物の危険回避能力については信じていて、彼らの本能による危険察知能力は本物だと思っています。

将来、動物たちの持つ特異な力を分析して、自然災害を未然に防ぐことができるようになるかもしれません。

あと、空や地上に謎の発光体が現れるとか、月が変色するとか、地震の前触れともとれるような超常現象も発生しているようです。

地震については、防ぐことはできないので、発生した時にどう行動するのか?について、家族単位、周辺住民単位で取り決めをしておくことが大事だと感じました。

あと、食料や水は最低でも2、3日分は確保しておきたいところです。

                      スポンサーリンク
   

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る